今日からお手軽に水素入浴。あなたのお肌がしっとり、ツルツルに!お家でかんたんエステ! 自動洗浄機能付きでお手入れ簡単な最新型水素水サーバー 忍者ブログ

花粉症と共に・・・

アレルギーである花粉症の症状、その花粉症の原因を知り、花粉症対策をして花粉症に良いサプリメント・ヨーグルトなどで花粉症予防をしましょう。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




口呼吸

日本人の約半数、また小学生以下の子供は約8割が、
鼻呼吸ではなく口呼吸をしているというから驚きです
(3~4歳まではおしゃぶりをくわえさせることで、鼻呼吸を定着させることができるようです)。

また、唇の筋肉が弱くなってしまい、口が開きやすくなりますから
寝ている間のいいびき、歯ぎしりの原因となり、
顔もたるみやすくなり美容にも悪影響を与えます。
するとのどの粘膜が、さまざまな病原菌に犯され、
こうした病原菌が白血球の中に入り込み、全身に運ばれてしまうのです。

私たちが吸い込む空気にはさまざまな病原菌が含まれていますが、
鼻から吸引した場合、病原菌の多くは鼻の粘膜に吸着され処理されます。
一方口呼吸の場合は色々な雑菌を含んだ空気がのどを直撃し、のどを乾燥させ、
リンパ組織に損傷を与えてしまい、白血球の働きを悪くしてしまうのです。

また鼻呼吸の場合は冷たくて乾いた空気でも、鼻腔で暖められ、
適度に湿度を含んだ状態でのどから肺まで到達します。

白血球には身体に入ってきた異物を消化して無害にする役割があるのですが、
口呼吸によって白血球の働きが弱くなると、異物の処理を行えず、免疫力が低下し、
結果、さまざまな病気を引き起こしてしまうのです。
そのうちの1つが“アレルギー疾患”なのです。
しかし口から吸い込んだ空気は、そのままのどまで行ってしまいます。

口呼吸は風邪などにもかかりやすく、口臭、歯周病、虫歯にもなりやすくなります。
このように口呼吸の弊害はさまざまです。

<口呼吸から鼻呼吸への改善方法>
★食事のときは片方でかむのではなく、両方の歯でかむくせをつける
★いつもかまない方の歯でガムをかむ週間をつける
★睡眠中にマスクを口だけに当てたり、ばんそうこうを貼り、鼻呼吸を促す
★子供はもちろん、大人でもおしゃぶりを口にする(冗談ではありませんよ)
★鼻孔や鼻腔を広げる市販の器具を使う

鼻呼吸はお金も時間もかからない手軽な健康法で、
花粉症対策のみならず、さまざまな症状を改善してくれる可能性があります。
 

PR



COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

スポンサーリンク




カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

バーコード

Copyright ©  -- 花粉症と共に・・・ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]