今日からお手軽に水素入浴。あなたのお肌がしっとり、ツルツルに!お家でかんたんエステ! 自動洗浄機能付きでお手入れ簡単な最新型水素水サーバー 忍者ブログ

花粉症と共に・・・

アレルギーである花粉症の症状、その花粉症の原因を知り、花粉症対策をして花粉症に良いサプリメント・ヨーグルトなどで花粉症予防をしましょう。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




コエンザイムQ10の効能

私たちの元気の源であるエネルギーは、

細胞内のミトコンドリアという小器官が生み出しています。

その働きを強力にバックアップするのがコエンザイムQ10です。


体内で営まれるエネルギー生産の、なんと9割にかかわり、

ミトコンドリアを直接サポートできる唯一の物質です。


コエンザイムQ10が体内に充分あれば、

エネルギー生産が高まり、疲れが早く回復します。

また、新陳代謝の活性に深くかかわる成分ですので、

豊富なコエンザイムQ10があれば、

やせやすい体質だということになります。

一方、不足すると疲れや肥満を引き起こす原因になります。


また、コエンザイムQ10は

20代から減少傾向に向かうと言われています。

全身を活性化させて疲れの回復を早めるためにも、

コエンザイムQ10を意識的に摂ることが

より健やかな体になるためのポイントになります。


また、ビタミンのサプリメントなどを取っているのに

「疲れやすい」「階段を上ると息切れする」

「疲れを引きずる」「朝起きるのが辛い」

そういった症状はありませんでしょうか。

それはコエンザイムQ10の不足サインかもしれません。


疲労回復に効くビタミンにはビタミンB群が挙げられます。

しかしビタミンB群は、コエンザイムの力をサポートすることで

エネルギー生産の効果を発揮するビタミンであり、

体内にコエンザイムQ10が不足している状態で、

ビタミンB群を摂取してもあまり意味をなしません。


これはビタミンEにも言えます。

老化とは体内が酸化することで生じる現象です。

その酸化を防止するビタミンとしてビタミンEが有名ですが、

ビタミンEは体内にコエンザイムがたくさんあって

はじめてうまく機能するビタミンで、

減少傾向にある場合は、むしろ体内の酸化を促進させて、

体の老化を促す可能性も出てきます。


コエンザイムQ10が体内に充分補われていれば、

体の酸化(老化)を食い止める抗酸化作用が発揮され、

老化防止にも役立ちます。


また、コエンザイムQ10は体内の血圧を正常化し、

血管や筋組織を若々しく保つ働きもあります。

もともとコエンザイムQ10は心臓病の治療薬でしたので、

血液のとどこおりにかかわる一切のコトガラ、

むくみ、肩こり、不整脈、手足の冷えなどにも

たいへん効果的な成分なのです。

心臓のポンプ機能が正常になるので、

疲れやすいときの体力増強にも役立ちます。


さらに、肌の酸化防止にもコエンザイムQ10は有効で、

しみやしわ、たるみの改善も期待できます。


●…―…―…○…―…―…●…―…―…○…―…―…●…―…―…○
 発行者:佐久間 浩之
 サイト:フーディン ~おいしいグルメライフをサポート~
 URL:http://home.h00.itscom.net/foodin/
 ページ:http://home.h00.itscom.net/foodin/CCP104.html
○―…―…―●―…―…―○―…―…―●―…―…―○―…―…―●
※ページの内容は時期により変わります。
 過去の記事を訪ねた際、ページがなかったり
 内容の異なる場合があります。ご了承くださいませ。

アーティクルリソース:http://www.infomake.org/


PR



COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

スポンサーリンク




カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ブログ内検索

バーコード

Copyright ©  -- 花粉症と共に・・・ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]