今日からお手軽に水素入浴。あなたのお肌がしっとり、ツルツルに!お家でかんたんエステ! 自動洗浄機能付きでお手入れ簡単な最新型水素水サーバー 忍者ブログ

花粉症と共に・・・

アレルギーである花粉症の症状、その花粉症の原因を知り、花粉症対策をして花粉症に良いサプリメント・ヨーグルトなどで花粉症予防をしましょう。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




ショウガ:効果的自然の制吐剤

ショウガ:効果的自然の制吐剤         著 者: 中山 舞子
 
研究の著者によると、彼らが化学療法の1日目から吐き気を軽減できる経験することができるますので、これは患者のためのすばらしいニュースです、彼らは治療の全期間、少ない吐き気を経験しそうです。
統計に基づいて、癌患者のおよそ70%は化学療法の間、吐き気を催します。しかし、通常彼らに与えられる制吐薬によって、実際には吐かないで済みます。

生姜の抗嘔吐作用効果

研究において、大部分は乳癌患者からなる644人に対して、6日間、1日2回のショウガの補助食品が投与されました。 ― 具体的には彼らが化学療法を受ける前の3日間と、化学療法を始めた3日間です。投与量を2つに分けて、各々の患者は、毎日、0.5、1.0か1.5グラムのショウガを与えられました。一部の患者は、それ(偽薬)の中で少しのショウガが入っていない類似した補助食品を与えられました。

結果は?投薬量に関係なく生姜補助食品を与えられた患者は、偽薬を与えられた患者と比較して、彼らの化学療法の1日目に、吐き気に重要な軽減を感じたことが判明しました。

しかし、面白いことは、毎日伝えられるところではショウガ(0.5と1.0グラム)の2つの最も低い量を与えられた患者が最も高い服用(1.5グラム)をされた患者より、ものすごい安心感を経験したということです。このように、より多くのショウガをとることが必ずしもよりよいというわけではないと言うことができます。科学者は、スパイスの腸の最大の吸収が1グラムであると推測します。

先行研究は、化学療法の間の吐き気がショウガ補助食品によって軽減させることができないことを示唆しました。しかし、この最近の研究の結果で、ショウガ補助食品が化学療法を始める3日前に患者に与えられるならば、ショウガの抗炎症性特性は有利なスタートを与えられます、そして、化学療法によって誘発された吐き気はかなり減らされます。

癌患者は、ショウガの反吐き気効果から利益を得ることができる唯一の患者ではありません。あなたが吐き気がすると感じるならば、新しいショウガの根をとってみてください。あなたがより速い結果とより簡単な吸収を望むならば、カプセル型の浄化されたショウガをとってください。ショウガのスナップ、ジンジャーエール、それに類似した製品が吐き気を減らすことができますので、そのような製品が本当のショウガの根であって、ショウガの香りだけのものでないならば、反吐き気作用は可能なことです。

情報はこちらをクリック
http://www.ed-genesis.com/
アーティクルリソース:http://www.infomake.org/

 
 

PR



COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

スポンサーリンク




カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

バーコード

Copyright ©  -- 花粉症と共に・・・ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]