今日からお手軽に水素入浴。あなたのお肌がしっとり、ツルツルに!お家でかんたんエステ! 自動洗浄機能付きでお手入れ簡単な最新型水素水サーバー 忍者ブログ

花粉症と共に・・・

アレルギーである花粉症の症状、その花粉症の原因を知り、花粉症対策をして花粉症に良いサプリメント・ヨーグルトなどで花粉症予防をしましょう。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




いろいろな治療

花粉症などのアレルギーは、症状が悪化すると治療が難しくなり、薬も効きづらくなります。
ですので症状が軽いうちに薬を服用するなど、早くの治療が花粉症予防には大切です。

花粉症の症状が起こりはじめた初期では、鼻粘膜にまだ炎症が進んでおらず、
この初期に治療を開始すると粘膜の炎症の進行を食い止め、
早く正常化させることができるため、花粉症の重症化を防ぐことができるのです。
花粉症の治療方法は大きく分けて、抗アレルギー薬によるものとステロイドによるものがあります。


<抗ヒスタミン薬の投与>
ヒスタミンとは、アレルゲン(花粉など)に反応して血液中の肥満細胞などから放出される
アミノ酸のヒスチジンから合成される一種で、
鼻水、くしゃみ、目のかゆみなどのアレルギー症状の原因になる物質です。

<局所ステロイド投与>
一般的なステロイド薬と違い人体に悪影響を与える場合は少なく、
中度の症状以上で用いられる場合が多いです。
その理由は局所での作用に優れ、全身での副作用が少ないからです。

<ステロイド注射>
花粉症に対するステロイド注射は、
耳鼻科学会やアレルギー学会では認められていない治療法です。
これらは局所ステロイド投与とは違い、アレルギー全体を押さえる方法の為に悪影響が多く、
強い副作用が起こる可能性も否定できず、とても危険性の高い治療法です。
 
<減感作療法>
スリット減感作療法は注射ではなく、抗原(アレルゲン)などの抗原エキス(花粉エキスなど)を
2分間程度口に含むだけでよいのです。この方法は舌下投与と呼ばれるため、
“舌下減感作療法”ともいわれるようになりました。
これらは注射の痛みはないうえ、処方された抗原エキスの服用は自宅で行えるので、
通院の回数が大幅に減らせることも利点です。

いままでの注射による減感作療法では、
まれにショック症状などの副作用が起こることもありましたが、
この舌下減感作療法の場合、副作用が少ないことが最大の利点といっても良いかもしれません。
いずれにしても日本では減感作療法を行っている病院や医師はまだ少なく、
どこの病院でも受けられるという治療ではありません。

<レーザー治療>
花粉症のレーザー手術は、鼻の穴に直接レーザー光線を照射して、
鼻の粘膜をやんわりと焼きます。すると、花粉(アレルゲン)が入ってきても、
粘膜の過剰な反応を抑えることができ、
結果、鼻水、鼻づまりなどの症状を押さえる効果が期待できるのです。
レーザーの照射は両鼻で20分もあれば終了します。
レーザーが照射されても痛みや出血もほとんどありませんが、
鼻の中は、レーザー光線に焼かれ、しばらくの間は鼻の粘膜がかさぶたのような状態になり、
鼻炎や鼻づまりの症状が強くなることもあります。

しかし2週間程度でアレルギー反応の起きにくい粘膜が再生され、
それ以降、花粉などの抗原(アレルゲン)が入ってきても、
この粘膜上でアレルギー反応を起こすことはなくなり、花粉症の症状がなくなるというわけです。

レーザー手術後はすぐに帰宅でき、入院の必要もなく、副作用の心配もほとんどありません。
理想的には2週間に1度、4~8回照射した方がより効果があがるようです。


<民間療法、漢方>
など、さまざまな治療法が用いられています。
抗ヒスタミン剤に代表される抗アレルギー薬の内服などは即効性に欠けるため、
花粉の飛散時期が始まる半月くらい前からの投薬が必要といわれています。
一方、即効性のあるステロイド(副腎皮質ホルモン)剤には、副作用の懸念も否定できないため、
掛かりつけの医師とよく相談のうえ使用法を守り、使用しましょう。
 

PR



COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

スポンサーリンク




カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ブログ内検索

バーコード

Copyright ©  -- 花粉症と共に・・・ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]