今日からお手軽に水素入浴。あなたのお肌がしっとり、ツルツルに!お家でかんたんエステ! 自動洗浄機能付きでお手入れ簡単な最新型水素水サーバー 忍者ブログ

花粉症と共に・・・

アレルギーである花粉症の症状、その花粉症の原因を知り、花粉症対策をして花粉症に良いサプリメント・ヨーグルトなどで花粉症予防をしましょう。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




代謝酵素の中で大きな役割を果たすのですが

そして、ALDH2遺伝子がLysの人の場合、アセトアルデヒドが上手く分解されずに体内に溜まることから、
代謝酵素が上手く作用しないのです。
俗にアルコールに強い人と弱い人とよく言われますが、これらは、代謝酵素の中の活性力が影響しています。

飲酒すると、アルコールは肝臓に運ばれ、アルコール脱水素酵素の作用で、
代謝酵素に関連するアセトアルデヒドに代謝されることになります。
この物質は、二日酔いになったりする原因の物質で、
アルコールと関係する代謝酵素は、アルコール脱水素酵素とアルデヒド脱水素酵素の影響を受けます。

また、アルコールと代謝酵素の関係において、代謝関連遺伝子の検査も行われていて、
その検査では、ADH2とALDH2の遺伝子の型を調査するようになっています。

まず、アルコールを代謝する代謝酵素には、いくつかのタイプがあって、
それらは相互に関係しあって、これは、依存症に影響を及ぼします。
2つの酵素とは、アルコール脱水素酵素と、
アルデヒド脱水素酵素のことで、これらが、代謝酵素に多大な影響を与えているのです。
その際、アルデヒド脱水素酵素は、代謝酵素の中で大きな役割を果たすのですが、
遺伝子の関係で、中々、上手く働きません。

アセトアルデヒドに分解するアルコール脱水素酵素とアルコールが代謝されることにより、
有害物質が発生し、それが代謝酵素に悪影響を与えるのです。
アルコールは、肝臓の中で、代謝酵素の働きの影響が大きく、2段階の働きで代謝されるようになっています。

つまり、アルコールを摂取することによって、代謝酵素に大きな影響を及ぼすのです。
酵素の遺伝子の違いで、アルコールを代謝する代謝酵素の能力が違ってくることが研究で発表されています。
アセトアルデヒドという物質は、アルコールを摂取した際、
顔が赤くなったりする作用と意をもたらすもので、代謝酵素と繋がっています。

代謝酵素とアルコールに関係を及ぼすアセトアルデヒドという物質は、
アルデヒド脱水素酵素の作用で、酢酸に代謝されることになります。
一般的に、東洋人は、アルコールを分解する速度が速い性質があり、
そのことがまた、代謝酵素をより多く消費することに繋がっています。
 

PR



COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

スポンサーリンク




カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログ内検索

バーコード

Copyright ©  -- 花粉症と共に・・・ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]